CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2019 - 09  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.116219秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット

当時の好物

 具体的にどんな味だったかよく覚えていないんだれれどこの劉昌麺は大好きだった。たしか最後に味噌スープを入れて食べた気がする。東海林さだおさんの「ラーメン大好き」の中に故ジャンボ鶴田がテキサスのファンク道場(ドリー、テリーファンクのところ)で修行してた時に日本から劉昌麺を空輸して食っていたというのが書いてあった。ファンク兄弟の他に無名時代のスタンハンセンやディックスレイターも劉昌麺を食っていたというから驚きである。

| TOMMY-K | 09:30 | comments (2) | trackback (0) | B級グルメ |
コメント
劉昌さんはもちろん人名です。当時は粉末スープばかりだったのでこれが液体スープのはしりだったのでは?昔のことはよく覚えてるものですなあ。
| TOMMY-K | EMAIL | URL | 06/03/13 00:20 | iTbLdwGY |

「劉昌麺」?
初めて見ました!
「劉昌」って中国人の名前かな?
中国にもインスタントラーメンがたくさんあって、日本同様、子供も大人も大好きみたいです。
中国の電車には「給湯室」みたいなのがあって、お昼どきになると乗客は荷物の中からごそごそとカップラーメンを出して、次々と給湯室へ行ってお湯を注いできます。
電車中にカップラーメンの匂いが充満します。
インスタントラーメンの化学調味料っぽい味、匂いは妙に食欲をそそられます。
なぜ、こういう味が好きなんだろ??おもしろいですよね。
| hideko | EMAIL | URL | 06/03/12 20:08 | WDdpL0.k |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.tomikei.com/douraku/tb.php/25
トラックバック